AGAの治療とは?

AGAに悩む男性はかなりたくさんいます。
そもそもAGAとは何かというと、男性型脱毛症というもので、
進行性の脱毛症なのです。

 

原因は様々なものが取り上げられていますが、遺伝的な要素が強いとされています。
お父さんが薄毛だと、息子も薄毛になる家庭が多いですよね。
こういう場合はまずAGAを疑う必要があります。

 

ではなぜ薄毛になってしまうのかというと、ジヒドロテストステロンという男性ホルモンの影響です。
一般的にこのホルモンが多く分泌される人ほど男性らしい体つきをしています。
ヒゲや体毛は濃いけれど、髪の毛は薄くなる傾向にあります。
遺伝的要素というのは、このジヒドロテストステロンが多く分泌される体質の家系だということですね。

 

しかし、そういう体質だからと諦める必要はありません。
ちゃんと治療薬があるのです。
プロペシアという薬なのですが、これはジヒドロテストステロンの生成を抑制する働きを持ちます。
ジヒドロテストステロンの分泌が少なくなれば、薄毛の進行を食い止めることができるのです。
このプロペシアの効果は非常に強力で、遅くとも半年以内に効果が現れます。
そして、若い人ほど早く効果が出るのも特徴です。
プロペシアで薄毛進行を食い止め、ミノキシジルという血管を拡張する薬を使えば、血行が促進され、発毛をより早く促すことができます。
また、頭皮の汚れをこまめに落とすことも大切ですし、頭皮マッサージをするのも効果的です。

 

プロペシアで薄毛進行を食い止められたら、あらゆる頭皮ケアで早期の発毛を促しましょう。

AGAの治療とは?:治療薬編

 AGAとはAndrogenetic Alopeciaの略で、男性型脱毛症の意です。40?50歳頃から人によっては急に髪の毛が減り始めることがあるのですが、中には20代でこの症状が出始める人もいます。

 

 AGAを治療するためにはその原因を突き止めなくてはりません。原因とは(1)遺伝、(2)ジヒドトテストステロン、(3)ストレス、(4)免疫系の異常、(5)生活習慣や食の乱れ、などが挙げられます。

 

 遺伝要因は昔から根拠無く巷間言われてきましたが、遺伝子変異で頭皮のアンドロゲンが強く作用して髪が抜け易くなるようです。ただし遺伝と言っても例外が多数存在し、他の要因もあります。たとえばジヒドトテストステロンが男性ホルモンと結合すると発育毛サイクルが壊れ、成長する前に抜けてしまいます。後天性の要因ではまずストレスです。現代社会ではこれと無縁にすご過ごすことは不可能ですから、自律神経と血液循環が狂い、毛根まで栄養が行き渡らなくなるのです。また免疫系に異常が起こると毛根が炎症し抜け毛が増えます。また生活習慣や偏食も髪の毛に栄養が行き渡らない原因になります。

 

 AGAには治療薬があり、適切に使用すると若年のAGAに効果が高いと言われ、フィナステリドが有望視されています。フィナステリドは、5αリダクターゼ(還元酵素)がジヒドロテストステロン(DHT)に変換される活動を阻害して、抜け毛や育毛不全を緩和します。また先に述べた通りストレスや生活習慣の要因を併せて見直せば、より高い効果が期待できます。

更新履歴


このページの先頭へ戻る