紫外線による影響

紫外線による髪や頭皮の影響は、皆さんが思っているより深刻な状況になっているのをご存知ですか。

 

紫外線は、お肌のトラブルになる他に、頭皮にもダメージを与えてしまいます。紫外線には、UV−A波、UV−B波、UV−C波の3種類に分けられ、地上に降り注ぐ紫外線は、UV−A波とUV−B波の2種類になります。

 

 

 

UV−C波は、オゾン層により遮断されているので、地上にまで達する事はありませんが、将来は、この紫外線も地上に降り注ぐ事になるでしょう。

 

UV−B波は、エネルギーが強いので、肌が赤くなる日焼けの大きな原因ですが、ガラスなどで簡単に遮断する事ができますが、UV−A波は、ガラスも通し、肌の奥の細胞にまで影響しますので、室内にいても、UV−A波の対策が必要です。

 

 

 

できるなら、紫外線を浴びない事が理想ですが、日光を浴びないで生きる事は不可能なので、出来るだけ有害な紫外線から皮膚や髪を守る必要があります。

 

一般的に、紫外線から身体を守るためには、日焼け止め成分の配合された化粧類や帽子、日傘や衣類などですね。

 

その日焼け止め効果は効果的ですが、それを正しく使わないと、逆に紫外線の影響を受ける事もあるので注意が必要です。

 

 

 

日焼け止めクリームなどは、使用環境に合わせた強度のタイプを使用します。数値が大きいほど、紫外線をカットする事が可能ですが、その反面、お肌にも日焼け止め成分によるダメージがあります。

 

紫外線を浴びる時間を考えて、正しい使用方法をしましょう。髪に付ける日焼け止めも同じです。

 

市販されている髪用の日焼け止めの数値は数種類ありますので、自分のライフスタイルや髪の質によって使い分けると良いでしょう。

 

日傘も必要に応じて使いこなすと良いですね。帽子も紫外線から髪や頭皮、顔周辺を紫外線から守る効果もありますが、帽子の中は、非常に高温多湿になるので、定期的な換気をすると良いでしょう。


このページの先頭へ戻る