プロペシアの脱毛抑制の働き

発毛に重要な働きをしている毛母細胞がDHT(ジヒドテストステロン)によって抑制されてしまうと、脱毛が進行してしまいます。
DHTの正体は、男性ホルモンが5aリダクターゼと呼ばれる酵素によって変化したホルモン物質です。
男性型脱毛症AGAが、男性ホルモンの影響を大きく受けているという所以は、ここにあります。

 

 

 

AGA治療の新薬として誕生したプロペシアは、5aリダクターゼがDHTに変化するのを抑制してくれます。
厳密にいうと、プロペシアの主成分であるフィナステリドが働いてくれるのです。
これにより、男性ホルモンの影響を受けなくなった毛髪は、正常な成長を進めることができます。

 

 

 

プロペシアは、世界初のAGA治療薬として発売されました。
従来の育毛剤との決定的な違いは、発毛の邪魔をする原因であるDHT自体を抑制してくれる点です。
プロペシアの登場までは、頭皮の血行を促したり毛母細胞に栄養を届けやすくするという効果に主眼が置かれていました。
もちろんそれらは発毛に大事な要素ではあるのですが、いまひとつ画期的な治療とは言い切れない点があったのです。

 

 

 

現在でも、医療機関ではプロペシアの処方に加えて従来から使われているミノキシジルなどを処方することがあります。
DHTの働きを抑制したからといって、発毛に必要な栄養成分が届きやすくなったり、血行が促進されるわけではないからです。
発毛のために欠かせないことは積極的に行っていこうというときには、従来の方法とプロペシアの併用が大いに有効です。


このページの先頭へ戻る