男性型脱毛症(AGA)かどうかの判断ポイント

AGAと呼ばれる男性型脱毛症には、他の脱毛症と区別できる特徴があります。
例えば、脱毛する部分に関しても、他の脱毛症とは異なる点があるのです。
薄毛や抜け毛が気になるようになったら、男性型脱毛症かどうかチェックしてみてはいかがでしょうか。
ここでは、男性型脱毛症の大きな特徴である項目を挙げてみます。

 

 

 

自分の脱毛や薄毛に当てはまる項目が多ければ、男性型脱毛症の可能性が高いと考えられます。
自分の脱毛がどんなタイプかを知れば、予防や対策も適切な方法がとれるのです。

 

縮毛の事なら大阪のFAROがオススメです。

 

まずチェックしたいのは、祖父母や親兄弟に薄毛の人がいるかどうかです。
父親が薄毛だと50%の確率で、母親が薄毛だと70%の確率で薄毛が遺伝するといわれるほど、薄毛の遺伝要素は強いのです。
男性型脱毛症の8割もが遺伝を原因としていることからも、侮れない項目です。
薄毛の進行が思春期から始まっていないか、徐々に進んでいるのではないかという点もチェックしたい点です。
髪を洗ったときやブラッシングをしたときに、抜け毛が多くないかは既に気になっていた項目かもしれません。
朝起きたときに枕についている抜け毛も、多くないかチェックしてみましょう。

 

 

 

男性型脱毛症は、薄毛の進行具合に3つの大きな特徴があります。
1つめは頭頂部から進行する薄毛、2つめは前頭部から進行する薄毛、3つめは前頭部がM字型に脱毛していくタイプです。
これらのいずれかに当てはまるとしたら、男性型脱毛症を疑ってみるべきでしょう。
さらに、髪のハリやコシがなくなり、全体的に細くて薄い髪が増えてきたと思ったら、AGAである可能性が高いのです。


このページの先頭へ戻る