プロペシアの副作用と服用の注意点

プロペシアは、世界初のAGA治療薬として国内で認可された医薬品です。 その意味では安全に使用できるといえますが、医薬品につきものなのが副作用です。 プロペシアにも副作用が認められる点があり、リビドー減退など精神面への影響、勃起機能不全などの性機能障害が代表的な症状です。 継続使用をすると、肝機能障害に陥る副作用もあるといいます。

 

 

 

個人差があるとはいえ、医師の下で正しい指導を受けて使用するのが必須の薬です。 ただ、発毛を阻害する原因の抑制効果は非常に高く、被験者のほとんどが効果ありと答えているのがプロペシアのメリットです。 正しく使用して、大きな効果を得たいものです。 プロペシアの使用で注意したい点は、他にもあります。 AGA治療薬であるプロペシアは、男性型脱毛症以外の脱毛症には効き目がないといわれています。 また、男性ホルモンに働きかけるため、女性や子供が服用するのは避けておいたほうが無難です。

 

 

 

ホルモンバランスが乱れて、思わぬトラブルを招きかねません。 特に、妊娠中の女性が服用すると、わずかな量でも胎児に影響がおよぶ可能性が高いといわれています。 当然のことながら、基本的な医薬品としての注意も怠ってはなりません。 例えば、使用量を増やして効果を倍増させたいというようなことは避けておきましょう。 効果が出なかったり、逆効果になる場合もあるかもしれません。

 

 

 

定められた量をしっかり守って服用するためにも、医師の指示はきちんと聞いておくようにしてください。


このページの先頭へ戻る