汗と薄毛

汗は人間の体温を調整するために必要な生理現象ですが、この汗が原因で抜け毛や薄毛になってしまう事も考えられます。

 

汗は通常毛根から出ると思っていませんか。実は、汗は、毛根ではなく、違う場所から分泌されています。

 

 

 

なのに、どうして毛穴と関係があるのでしょうか。汗が分泌されると、その汗は毛穴に溜まります。その溜まった汗が、毛穴の角質をふやけさせます。

 

そのふやけた角質が炎症を起こす原因になり、その結果、毛根にダメージを与え、髪の成長を妨げる原因となっています。

 

また、その汗で頭皮の酸性濃度が薄まり、雑菌が繁殖しやすい環境になります。そうなると、雑菌が皮脂を分解する事で頭皮のにおいを発生させる原因にもなっています。

 

 

 

においの原因は、汗そのものではなく、その汗で薄まった酸性濃度の影響で菌が増殖し、菌が頭皮の皮脂を分解する事で発するにおいと言う事になります。

 

常に頭皮を清潔に保つことが大切ですが、外出先では洗髪をする事はできませんよね。汗をできるだけかかない事も大切ですが、エアコンの効いた部屋に閉じこもっていても、他の病気が発症する恐れも考えられます。

 

 

 

汗は、人間の体温調整に不可欠な生理現象です。少しでも汗をかかないように、冷やしたタオルで首の後ろを冷やしてみたりウォーターミストなどで汗をかく状態にしてみたりする事も効果的です。

 

汗をかいて帰宅すると、すぐにシャンプーで毛穴に溜まった皮脂を洗い流す事も大切です。

 

しかし、1日何度も洗髪する事は、逆に頭皮の脂気を奪う事になりますので、1日1回程度にしてください。ドライヤーも熱風ではなく、温度の低いモードで乾燥しましょう。ちょっとした対策で、頭皮を清潔にする事が出来ますので、ぜひ試してみると良いでしょう。


このページの先頭へ戻る