AGA治療体験談:プロペシアを飲み続けて2年の山田さんのケース

AGAは男性型脱毛症のことです。男性にみられる症状で髪が薄くなっていきます。原因としては遺伝や男性ホルモンが考えられています。成人男性の20代から30代にも多いので、早期発見による治療が大事です。

 

 

 

自分の髪が薄毛になってきたと思ったら、まずは病院で診察をすると良いです。AGAの治療に有効とされるのは、プロペシアの使用です。プロペシアは病院で診察を受けると処方してくれます。医薬品なので市販品としては扱っていません。

 

 

 

病院の診察をうけるのが手間に感じますが、プロペシアはAGAに対して有効な改善効果を発揮できます。服用方法は簡単で、一日一錠を飲むだけですので手軽に続けられます。飲み始めはまだ効果がみられないので、根気良く続けることが大事です。6ヶ月以上の継続利用をしてきたころから徐々に効果があらわれてきます。個人差があるので、効果については違いがありますが、継続することが大事なことだと感じます。

 

新宿でよく名前の上がる美容室はここですね

 

飲み続けて2年となった頃には、発毛効果を十分に実感できるほどになります。さらなる効果を得られるように継続をしていきたいです。医薬品というと副作用が心配ですが、心配するほどの作用はありません。しかし、まれに性機能低下や頭痛、腹痛などが出るようです。

 

 

 

育毛剤というと多くの市販品もありますが、病院で処方してくれる医薬品の効果はすごいと感じます。診察をうけることで、はっきりとした症状を確認し、対策をすることができるのが良いことです。

 

 


このページの先頭へ戻る