AGA治療体験談:薄毛で人目が気になっていた山田さんのケース

山田さんは、最近20代にもかかわらず髪の毛が薄くなってきました。薄毛は進行するので山田さんは悩みました。その上どうしても年齢よりも高く見られてしまい悩んでいました。

 

 

 

そもそも髪は何故薄くなるのでしょう。そして元のように、ふさふさに直せるのでしょうか。現在AGA治療が増えてきました。やはり髪の事なら専門医の治療の方がはるかに知識があり効果があります。髪の毛は本来10万本あり、一日で50本から100本抜けます。山田さんのように薄毛になる原因は成長サイクルが普通の人より早いので薄くなるのです。

 

 

 

一般的には成長期は2年から6年もありますが、山田さんのようにお若いのに薄毛の方は数ヶ月から1年で髪の毛が抜けてしまいます。AGAは髪の成長を短くする物質で、これによって髪の成長が短くなり髪が太くなる前に抜けてしまうので、頭頂部や生え際からだんだん薄くなっていくのが特徴です。髪がうすくなり始めると加速して薄くなりはじめるので早めに医療機関に行き専門医に見てもらった方が効果が出ます。

 

 

 

加速とは1年目より2年目、2年目より3年目のほうが髪の毛の抜ける本数が増えていくという事です。薄毛があるうちは太く育つ可能性が高いので早めに医師に相談しましょう。治療は月9千円から1万5千円前後なので、そんなに負担にならないはずです。

 

 

 

薬を飲む方法やHARG法といって頭に注射をうつ方法がありますが、医師と相談して一番よい方法を選びましょう。痛みは麻酔もうちますので心配ないのです。こんなに効果がはやいのならもっと早く行くべきだったと思う方が多いはずです。

 

 


このページの先頭へ戻る