AGA治療体験談:飲むだけでよかった薄毛の治療

AGAとは薬品名ではなく、男性型脱毛症のことで数多い脱毛症の一つです。比較的若い人が多く男性ホルモンの関係で、毛母細胞が弱り毛が生えないことです。一般的な病院でのAGAの治療は飲み薬による進行遅延ですが、専門医による一人一人に合った発毛が可能で、髪を太く長くし頭髪の密度を増やします。

 

 

 

専門絵はインターネットで検索でき、身近な地域にかなりあります。皮膚科だけでなく整形外科でも、専門治療医として登録されています。
専門医は頭皮頭髪のみ診療するにではなく、一人一人の原因や生活環境にあわせ総合的にケアしてくれます。また、最新機器での検査を行い薬剤の治療と食生活の指導をしてくれますが、最近は内服薬が主流になっています。

 

 

 

AGAの一般的な症状としては額の辺りが後退し、頭頂部が薄くなります。このような現象は20代後半から始まり35歳までに、男性の40%に何らかの症状が出るといわれています。最も大きな原因は男性ホルモンが、変換され髪の成長を抑制することです。

 

 

 

これは毎日繰り返されているヘアサイクルを、AGAが崩し発祥すると考えられています。今までは市販の育毛剤、育毛トニックが使用されていましたが、医療機関から飲む薬が出るようになり医師の指導が必要になりました。通院頻度は月1回ですが検査が半年ごとにあり、効果判定は経過撮影を見せてくれます。デメリットとして飲み薬1錠が高く、保険対象外であるため薬だけで1万円・月になり、約3万円の診療代になることです。

 

 

 

美容室の日本史を学ぶ


このページの先頭へ戻る