プロペシアを使用したAGA治療

日本でもプロペシアがAGA治療薬として認可されて以来、AGAは病院で治療できる病気として認められました。
以前はといえば、育毛関連の民間企業で発毛促進が行われる程度だったのです。
医療機関での治療が開始されるほど、プロペシアの登場は画期的なものでした。

 

 

 

実際の治療法はといえば、一日一錠分のプロペシアが処方されるのが一般的です。
効果には個人差がありますから、処方量は0.2mgか1.0mgとされています。
毎日服用していると、ほとんどの人が脱毛に対する効果を感じるといいます。
ただし継続使用による副作用も報告されていますから、必ず医師の指示を守ることが必要です。
場合によっては、プロペシアの他にミノキシジルなどの外用薬が処方されることもあります。内服薬と外用薬を同時に使用することで、より効果を高めるという狙いです。

 

 

 

かつては病院で治療など考えられなかったAGAですが、最近ではAGAなら病院で治療という認識が高まっています。
テレビCMなども登場し、AGAに悩んできた方には心強い限りではないでしょうか。
AGAは病気だという認識が一般に広まってきたため、育毛自体も堂々と行えるようになってきたのではないでしょうか。
男性の髪の悩み全体に、プロペシアは大きな影響を与えたことになります。

 

 

 

治療を受けられる医療機関も増えていますから、AGAの疑いがある場合は早めに病院に行って相談してみることをおすすめします。
進行性の脱毛症であるAGAは、できるだけ早めの対策をスタートして進行を食い止めるのが先決なのです。
あきらめずに、治療を始めてみましょう。


このページの先頭へ戻る