AGAに効果のある治療薬プロペシア

男性型脱毛症に悩む人が多い中、2005年に画期的な新薬が登場しました。
AGA治療薬として輸入が解禁になった、プロペシアがその新薬です。
海外では既にAGA治療薬として人気を得ていたプロペシアが、日本にもようやく入ってきたのです。
それまでは、男性型脱毛症が一般的にAGAと呼ばれることはありませんでした。
プロペシアの登場は、AGAの名称を広めるまでになったのです。

 

 

 

プロペシアが認可されると、AGAは病気として認められるようになりました。
カツラや育毛ではなく、病気としての治療が病院で開始されたのです。

 

 

 

世界初のAGA治療薬として誕生したプロペシアは、内服薬です。
日本を含む60ヶ国以上もの国々で発売されているほど有名で、服用している多くの人がその効果を認めています。
AGAというのは進行性の脱毛症ですから、対策には脱毛の進行を食い止めることが必要です。
毛髪の成長を抑制する成分に5aリダクターゼという酵素があるのですが、その働きを抑えてくれるのがプロペシアの主成分であるフィナステリドです。
毛髪の成長を妨げている原因を抑えてくれるので、髪が正常に成長する機会が与えられるというわけです。

 

 

 

プロペシアや医薬品ですから、副作用の心配もあります。
そのため、国内では医師から処方してもらう薬として販売されています。
残念ながらAGA治療には未だ健康保険の適用がありませんが、効果の高さを試してみる価値はあるでしょう。
ただし、AGA以外の脱毛症には効果がないので、注意しておく必要があります。


このページの先頭へ戻る