AGAの治療薬:フィナステリドとは!

髪の悩みというと、中年以降の男性に悩まれている人が多いですが、でも、最近は若い世代でも薄毛や抜け毛に悩む人が増えています。
髪が薄くなる原因は人それぞれ違いますが、主な原因に、遺伝的な要素、男性ホルモンの影響、さらにストレスや生活習慣、そして食生活の乱れなども原因にあげられます。
そしてどういった原因であっても放置していて改善というのは難しく、そのまま放置しておくと少しずつ症状が進んでしまうことが多いものです。
育毛剤や育毛シャンプーなどもとても人気となっており、そういった商品でケアをしている人も多いですが、より確かな効果を期待するのであれば、AGA治療を検討するのもおすすめです。

 

 

 

AGA治療は今やかなり一般的となってきていますが、早めに治療を行うことで薄毛の進行を抑えていくことができますので早めに治療は行っていきたいものです。

 

 

 

薄毛治療では、薬が処方されるこことが多いですが、フィナステリドも治療でよく使われる薬のひとつです。

 

 

 

フィナステリドはもともとは前立腺肥大の治療として認可されていましたが、副用中に抜け毛の改善が認められたことから、AGA治療薬として研究が進められ、そして世界の多くの国で認可されています。

 

 

 

この薬は服用するタイプとなっていますが、女性や未成年への使用は許可されておらず、特に妊娠中の女性の場合は胎児に影響が出る場合もありますので、取り扱いには気をつけたいものです。

 

 

 

正しく使えば効果の期待できる薬ですので、まずは薬について正しい知識を身につけておきたいものです。


このページの先頭へ戻る